問題に向き合う事で

問題に向き合う事で

避け続けた問題に直面するのはかなり厳しいことですが、しかし、夫婦の間で問題がある時に、それをあまり表沙汰にしないで、いると、いつのまにか深刻な問題になってしまうことがあります。ずっとその問題がくすぶっている為に、自分の心を苦しめていたとしても、あえて避けていたことを、わざわざ持ち出す事もないと思ってしまいます。しかし、しっかりと向き合う事も必要ですし、時には感情をぶつけて、口論や喧嘩をしてみるのも、一つの解決にもなります。

 

配偶者の浮気の場合は、あまり触れないようにしていて、いつか帰ってくるのを待つというようなケースが多く、こういうことが問題を回避しようとする原因ともなります。これも一つの方法ですが、しかし、こういう時には誰にも相談できずに、どうしたらいいのかわからないということもあり、さらに離婚には、多くのエネルギーがいり、自分の身が危険になってしまうよりは良いと思う人もいるようです。

 

そのまま見て見ないふりをすることが悪い結果を生む事もあれば、最大の効果を生む事もあります。経過をしっかりと観察し、自分の方が悪いことをしているわけではないのですから、何かある時には、しっかりと打って出るということも必要となります。考えられるシチュエーションにも対応できるようにして、相手に聞いてみるのがいいようです。