病気について

病気について

病気については、人生のリスクの一つです。どんなに生命保険や医療保険に入っていても、病気になるよりは、ずっと健康でいたほうがどんなにいいでしょう。お金があっても健康というのは買うことができないだけに、失った時に初めて健康の大事さがわかるというものです。病気になってからやっと健康を気遣うようになっても遅いのです。

 

 

 

そしてお金で高額の医療をうけても、従来と同じ様に暮らす事が出来ない事が多いのです。人生のQOLは確実に下がってしまいます。それでも体をケアしながら、老後や人生をエンジョイすることができますが、制限ができるのは悲しいですね。もちろん体が衰えてくるのは、だれにとっても避け難いところがあるのですが。当然、年齢を重ねると、見かけにも影響がでてくることは必至であり、そのことが女性の場合は大きな影響を及ぼすことがあります。

 

 

 

見かけが衰えることによって、だんだん女性としての自分に自信がなくなってくることもあるし、新たな恋愛、結婚について臆病になってしまうことも。でも自分の見かけと同じくらい中身を成長させることができれば、きっと老化も恐くないし、もしよりよい人間関係を築いているなら、病気に倒れてもかならず心強く支えてくれる人がいるでしょう。健康で長生きしたいと思うのは誰でもそうでしょうが、それでも病気になったとき、弱った時にそばにいてくれる存在が人生では必要でしょうね。人生のパートナーはそうした人であって欲しいですね。