お金のこと

お金のこと

いままで社会で殆ど働いたことがないという人が社会にでるのは、それなりに大変なものです。そうしたことがわかっているからこそ、常々離婚したいと思っている妻も、年金受給の年、もしくは夫の定年退職まで待つのでしょう。そうすれば、年金もあてになるし、自分くらいはなんとか、あとは子供がいるから、頼るつもりはないが、ときには顔をみせてくれればいいな、としっかり人生プランを考えていることが多いのはさすが女性。

 

 

 

いまは社会で働き、活躍する女性が多いにしても、より離婚というのが現実味を帯びている世界において、いつ自分もそうした決断をすることになるかわからないな、と考えている人もいるでしょう。まずは離婚するには、将来のこと、つまり働き出すとか、なにかしら生活の資を得られるメドがないといけません。もともと働いている人は、それを続けるだけですが、家事などの負担も増えるでしょうし、子供をひきとれば自分が面倒をみることになるので、その分負担も大きくなります。

 

 

 

でももし結婚時から自分の世界、そして自分の自由に使えるお金があったら、いつでも離婚してやっていけるという気分をもって、より自立して生きることができます。当然専業主婦も専業主夫も立派な仕事ではあります。でも職歴のブランクなどに対処していくこと、追いついていくことは年齢を重ねるごとに難しくなっていきます。まずは離婚のまえに、自分で生活していけるかどうか計算しましょう。